私の得意テクニックは縄跳びです!

私は小さい頃から走り回ったりするのが好きで、はたらきが大好きでした。その中でもVIP得意なのが縄跳びです!両方跳びは100回ほどなら余裕で試せるよ!はやぶさや背後両方とびなど、そこまで甘い技術でしたら体力が貫く以上は永遠に跳び続けられます!縄跳びといえば長縄!縄跳びの取り分け私が一番好きなのがダブルダッチです。二つの縄を互いに回してその中を飛ぶはなのですが入った縄の中で回ったり走ったり壌土に乗り物をついたりなんでもできる!逆立ちとかは逆立ちができないのでできないんですけどね。入るのもあるのも超誇り!絶対に引っかからない確信があります。私が得意とする縄跳びで現下私が挑戦しているのが三重とびです。一回は飛べるのですが二回瞳がある程度続かず悔しい思いをしている。トランポリンをつかってやる縄跳びだと4重5重って面白いほど飛べるので、自分の力だけでも過日飛べるようにただ今稽古インサイドなのです。http://xn--yck5cqaa.jpn.com/

別の職業を考察し、連中が私のために適しているのだろうかとして

身は座って、別の就労を考慮し、奴らが私のために適しているのだろうかとしていらっしゃる。身は良い戦闘タイミングのパイロットになるとは思わない。身はエアーが好きですが、身は飛ぶのが好きではありません。その1つを描く。身は良いテレビジョンコメンテーターではないと言いました。身はテレビジョンを確かめるのが好きですが、はたして好きではありません。身は以前にテレビジョンに1?2回出席していて、それは大成功ではありませんでした。 Edward R. Murrow賞の人々は私のシャッターを蹴っていません。

身はいつぞや身がプロのギャンブラーになることができると考えましたが、身はまれに賭けを行ない、大きな競合のためには熱演しません。プレッツェルスティックやダイムのために遊ぶプロのギャンブラーのための部位がない以上、身は別のものを選ぶ必要があります。私のママは今週のコラムが何だったかを分かり、彼は身がプラモデルでなければならないことをアドバイスしました。私のママは、身が今まで見た中でひときわ美男な紳士だと思ったときに、身は自分のレベルアップバナーの「事前」のムービーになる可能性があると付け加えました。

それは身に考えさせてくれた。まるで、身はママがいかほど意味があるのか??考えました。第二に、身はつぶやきを書くという引力をあきらめたシーン、身ができることをいくつか考えていました。http://ncecwa.com/