サグラダ・ファミリアをめぐってチック

称号のルートです。
スペインにおける、未だに完成していないサグラダ・ファミリアをめぐって系のです。

サグラダ・ファミリアはスペインにあり世界遺産にも登録されている。
アントニ・ガウディという建築我家の品物ですが、男子は遠い昔のヤツ。
1882時期(だったかな?)に工事が着工しましたが、まったく完成していない住まいなのです。
今では9代目の建築代表が工事を担当していて、じりじり(2026時期)に達成年月日だとか…

未完の世界遺産と言うだけもチャーミング音響なのに、それが私の生きている間には完成するなんておっしゃるといった!!
既にパッションでなりません。
さぞかし完成する時時世界中で連絡され大きな大きな話題になるのでしょう。
そのときが待ち遠しくてなりません!
そんなに楽しみで建築途中の現実をフォト比較で調べたりしているのですが、甚だ幻想グループですよね。
近代チック機材が並ぶ町並みの中に、どかんという大きな大きなサグラダ・ファミリアが存在しているのですから…
その雄大さといった経験の目方にちゃんと惚れ惚れしてしまいます。

少なく2026時代にならないかなぁ~
断然楽しみです。
それまでにスペインまでの旅費を貯めておかなくてはなりませんね!カードローン金利